健康管理は仕事のうち

社会人にとって、健康管理は仕事のひとつです。仕事が忙しければ不規則な生活になりがちですが、健康な体作りにはバランスのとれた食事と良質な睡眠がかかせません。時間がなければ、自炊をするのがなかなか難しいでしょう。しかし、コンビニやスーパーの惣菜でも選ぶ品を考えれば、しっかりバランスをとることができます。揚げ物や味が濃いものはひかえて、野菜が多く使われているものや和食系の食品を選ぶことです。
そして、サプリメントで足りない栄養を補う方法もあります。サプリメントにはさまざまな種類が販売されていますが、マルチミネラルやマルチビタミンであれば、それらの栄養を1度にとることが可能です。そのため、サプリメント選びに迷った場合は、マルチ系のものを選ぶといいでしょう。
良質な睡眠とは、しっかり熟睡できてスッキリ目覚めることができる睡眠のことを指します。そして、睡眠は量より質です。質のいい睡眠をとるためには、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランス乱さないことが重要となってきます。眠っている間は、副交感神経がメインに動いているものです。消化を行っている間は交感神経が活発に動いてしまうため、就寝前の食事は控えましょう。また、ブルーライトは交感神経を刺激して脳を覚醒させるため、携帯・パソコン・テレビなどの画面は就寝前に見ないことです。
軽いストレッチをしたり湯船に浸かって体を温めたりすれば、血の巡りがよくなります。そうすると、自律神経が整い、質のいい睡眠がとれるものです。最後に、基本的なことではありますが、手洗い・うがいを徹底して風邪をひかないよう気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です